Masako Astrological Counseling

心理占星術カウンセリング

 

マクロン大統領のチャート

You Tubeを見ると、数人の霊媒者の方々がマクロンの「生命へのリスク」について言及されています。しかも12月中あるいは近い時期と言われています。

私はこういった方々の能力を100パーセント信じている訳ではありませんが、それでも数人の方が同じことを言われているというのは何かあると思われるので、マクロン大統領のチャートを調べてみました。

12月6日現在の主なトランジットは以下の通りです。

TキロンとN太陽とがスクエア(オーブ1度31分)

Tキロンと天頂とがトライン(オーブ1度25分)

Tキロンと ディセンダントがトライン(オーブ0度54分)

T天王星とプログレスの火星がトライン(オーブ1度)

 

マクロン大統領はネイタルのチャートでキロンと太陽がトライン、キロンと天頂がインコンジャンクトを形成しています。ですから、キロンと太陽、天頂のトランジットはより強い影響を与えることと思われます。Tキロンが順行になるのは9日で、それ以降はマクロン大統領の太陽へ90度を形成していくわけです。トランジットにおいて、逆行から順行に変わる時のエネルギーは非常に強いですから、キロン−太陽、キロン−天頂のトランジットの影響力は大きいと思われます。社会的な地位に関することで傷つく経験をする可能性は高いです。

また、ネイタルチャートで太陽と7室の土星とトラインですから、大統領の地位を失うというリスクはあります。太陽は生命力も表しますから、病気や怪我といった生命エネルギーの低下も考えられます。またT天王星とプログレスの火星がトラインになっています。今日の時点でオーブは1度ですが、12月22日には完全なトラインになります。12月22日頃は、彼の生活において、突発的な事件、事故が起こるリスクがあります。

ただ占星術において、人の死を完全に予測することは不可能ですし、そういうことはすべきではないと私は考えています。ただ、突発的な事故が起こる可能性はあるので、高速の移動手段を用いる時には注意をしてもらいたいと思います。

 

Macron

 

 

Dans : 占星術 astrologie
Par masakoastrocounseling
Le 6 décembre 2018
A 11 h 02 min
Commentaires : 0
 

Répondre

 
 

Unblog.fr | Créer un blog | Annuaire | Signaler un abus