Masako Astrological Counseling

心理占星術カウンセリング

 
  • Accueil
  • > Archives pour décembre 2018

フランスのこれからの動向

イエローベスト運動はストラスブールテロによって、やや陰りが見えたものの、収束のめどが全く立たない状態です。

というわけでフランスのチャートを見て見ました。

まず大きなトランジットとして、海王星がアセンダントとのコンジャンクションがあります(4月26日にオーブゼロ)。

ちなみにフランスの天頂は射手座で、いかにも法の国フランスならではです。

それに対して、アセンダントは魚座です。アセンダントとは、他人からすぐ見える顔なのですが、フランスの弱者救済の組織の多さ、また社会保障制度がよその国よりは整っている点が魚座、つまり海王星エネルギーの発露だと思われます。

海王星がアセンダントにコンジャンクションということで、弱者のための政治を要求するエネルギーが増大すると言えるかもしれません。つまり、イエローベスト運動が非常に活発化する可能性があります。しかし、海王星にはそれだけではなく、別の面もあります。理想を追いかけすぎてしまう、現実が見えないというネガティブな面があることも確かです。コンジャンクションですから、ポジティブな面とネガティブな面の両方が出る可能性が高いです。

またもう一つ大きなトランジットがあります。天王星と冥王星のトラインです(5月3日にオーブゼロ)。海王星とアセンダントのトランジットとほぼ同時です。たまたまネットで見つけたのですが、フランス軍の元将校たち(数人の将軍を含む)が12月11日にマラケッシュでの移民受け入れ条約に署名しようとしていたマクロンに対して、8日付で正式な抗議文を送ったようです。こうしたことから、元将校たちによるクーデターの可能性について言及しているブロガーもいます。

トランジット天王星と6ハウスの冥王星がトラインですが、ネイタルチャートでは、この冥王星と2ハウスの火星がスクエアとなっています。フランスの現在の政治に対して不満を抱えていた元将校たちの何人かは、ここ2年ほど少しずつ政治的活動に足を踏み入れてきていますが、こうした流れが大きな突然の変化として現れる可能性があります。4月末から5月初めの時期は、毎日、気をつけて過ごした方がいいかもしれません。

 

 

 

 

Dans : 占星術 astrologie
Par masakoastrocounseling
Le 18 décembre 2018
A 10 h 42 min
Commentaires : 0
 
 
  • Accueil
  • > Archives pour décembre 2018

12月8日(土)について Le samedi 8 décembre prochain

前々回、日本のチャートについて書きましたが、今回はフランスのチャートについて書こうと思います。第5共和国が発足した日が、現在のフランスの「生まれた日」となります。

12月8日のトランジットを見ると、T冥王星とプログレスの火星がちょうどぴったりトラインとなっています。11室の冥王星は「絶対権力を持つ影の支配グループ」で2室のプログレの火星(ネイタルも2室)は「民衆の生活の糧を得ることに関する主張」を表していると思われます。トラインであることから、イエローベストによる主張のいくつかは通るのだろうと予想されますが、冥王星と火星という闘争エネルギーの天体同士のトランジットなので、しかもこの日ちょうど120度であることから、かなりの暴動、暴力も予測されます。

トロカデロ、シャンゼリゼ、マドレーヌ、サン・ラザール駅方面に行かれる方は気をつけて下さい。

 

Je vais parler du thème de la France.  Le 8 décembre prochain, sur le thème de la France, Pluton en transit fait exactement trigone à Mars progressé. Pluton en transit se situant en maison 11 représenterait « le groupe caché et dominant qui possède des pouvoirs absolus » et Mars progressé en maison 2 serait « l’affirmation sur la façon de se nourrir dans la vie du peuple ». Etant donné que l’aspect de ces planètes est trigone, certaines affirmations par les Gilets Jaunes seraient acceptées par le gouvernement. Cependant le transit entre Pluton et Mars, qui représentent toutes les deux de l’énergie agressive, d’ailleurs l’aspect de trigone faisant exactement 120°, il pourrait y avoir beaucoup de violence.

Il faut faire attention si vous allez aux Champs-Elysées, à Trocadéro, Madeleine, et Saint Lazare.

 

 

France

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Dans : 占星術 astrologie
Par masakoastrocounseling
Le 6 décembre 2018
A 14 h 17 min
Commentaires : 0
 
 
  • Accueil
  • > Archives pour décembre 2018

マクロン大統領のチャート

You Tubeを見ると、数人の霊媒者の方々がマクロンの「生命へのリスク」について言及されています。しかも12月中あるいは近い時期と言われています。

私はこういった方々の能力を100パーセント信じている訳ではありませんが、それでも数人の方が同じことを言われているというのは何かあると思われるので、マクロン大統領のチャートを調べてみました。

12月6日現在の主なトランジットは以下の通りです。

TキロンとN太陽とがスクエア(オーブ1度31分)

Tキロンと天頂とがトライン(オーブ1度25分)

Tキロンと ディセンダントがトライン(オーブ0度54分)

T天王星とプログレスの火星がトライン(オーブ1度)

 

マクロン大統領はネイタルのチャートでキロンと太陽がトライン、キロンと天頂がインコンジャンクトを形成しています。ですから、キロンと太陽、天頂のトランジットはより強い影響を与えることと思われます。Tキロンが順行になるのは9日で、それ以降はマクロン大統領の太陽へ90度を形成していくわけです。トランジットにおいて、逆行から順行に変わる時のエネルギーは非常に強いですから、キロン−太陽、キロン−天頂のトランジットの影響力は大きいと思われます。社会的な地位に関することで傷つく経験をする可能性は高いです。

また、ネイタルチャートで太陽と7室の土星とトラインですから、大統領の地位を失うというリスクはあります。太陽は生命力も表しますから、病気や怪我といった生命エネルギーの低下も考えられます。またT天王星とプログレスの火星がトラインになっています。今日の時点でオーブは1度ですが、12月22日には完全なトラインになります。12月22日頃は、彼の生活において、突発的な事件、事故が起こるリスクがあります。

ただ占星術において、人の死を完全に予測することは不可能ですし、そういうことはすべきではないと私は考えています。ただ、突発的な事故が起こる可能性はあるので、高速の移動手段を用いる時には注意をしてもらいたいと思います。

 

Macron

 

 

Dans : 占星術 astrologie
Par masakoastrocounseling
Le
A 11 h 02 min
Commentaires : 0
 
 
 

Unblog.fr | Créer un blog | Annuaire | Signaler un abus